池田政之のセキュリティバンクは「全員エキストラ」かもしれない。

商品名 ザ-セキュリティバンク
販売会社 Bit Just Limited
販売責任者 Tsuyoshi Kawai
メールアドレス info@the-security-bank.com
電話番号 不明
販売者所在地 ROOM 2012,20/F.,TOWER1,THE GATEWAY,25 CANTONROAD,TSIMSHATSUI,KOWLOON

池田政之は信用できるのか?

仮想通貨で損失を出した100万人を救済するために立ち上った「池田政之のザ・セキュリティバンク

 

 

仮想通貨ポリスが独自に捜査したところ、商品の解説動画に出演する人間たちがエキストラではないのか?という疑惑が浮上。

 

 

今回はその疑惑を徹底的に捜査しています。

インタビュアーは危険人物

今回の「セキュリティバンク」の公式ページに掲載された1本の動画。

 

 

その動画では開発者である池田政之へインタビューを行う一人の男性が出演しています。名を「木村智広」というそうなのですが、です。

 

 

少し捜査をしてみると、過去にも様々な情報商材のインタビュアーとして複数の動画に出演していることが確認できました。

 

出演していたのは仮想通貨に限らず、競馬やFXなどの情報商材も確認が取れています。

  • Reverse =競馬予想サイト
  • STARS  =謎の稼げる系スマホアプリ
  • With-domプロジェクト =FXの高額塾
  • スマトレFX =FXの情報商材

 

そして、問題なのは「木村智広」が出演する情報商材が軒並み悪質だとこき下ろされているという点。

 

 

その上商品のジャンルは全てバラバラ。いかに「木村智広」が適当な人間なのかが良く理解できます。

 

 

販売会社が怪し過ぎる

「ザ・セキュリティバンク」の動画では、発起人である「池田政之」のオフィスでインタビューが行われているのですが、この演出が非常に不自然

 

 

動画はまず「池田政之」のインタビューから始まるのですが、今回私が注目したのは動画にオフィスで働く社員たちの様子です。

 

 

怪しい点①:何もないファイルを凝視する社員

 

 

 

まず、気になるのはこのオフィスは何なのか?という点。

 

 

「池田政之」の経歴を確認すると、シンガポールに証券会社を設立し、日本にも支社があるという経歴が紹介されていたため、日本支社ではないかと推察。

 

 

そうなるとオフィス内のファイルをカメラに映してしまっている時点で、情報漏洩等の意識が低いことが分かります。

 

 

個人情報などの取り扱いに不安を感じます。

 

 

ですが、動画に出演する女性社員は何故か、空のファイルを凝視し、右手でキーボードを操作しながら何かを入力しています。

 

 

一体彼女には何が見えているのでしょうか?

 

 

怪しい点②:デスクのモニターが真っ暗

 

画面左側に映り込んだ男性社員。受話器を片手にキーボードを操作していることが分かります。

 

 

この数秒後、後ろの青いシャツの男性にインタビューを行うためにカメラアングルが切り替わると、先ほど電話していた男性のモニターが真っ暗であることが確認できます。

 

 

動画に映ってしまうため、咄嗟にモニターの電源を切った可能性も考えられますが、先ほどの空ファイルの女性を見た後では少々怪しい…。

 

 

不審点③:真っ暗なモニターを操作し続ける女性社員

 

 

最後は「木村智広」の斜め後ろに座る女性。勿論モニターの電源は入っていません

 

 

ですがこの女性、キーボードの操作をやめることなく、入力を続けているのです

 

 

ここまでくると理解不能。一体どういう事なのでしょうか?

 

 

これらの状況証拠から推測できるのは、出演している社員たちは仕事している風を装ったエキストラではないか?という事。

 

 

そうを考えると、上記の不審点全てに説明が付きます。

 

 

運営会社は存在しない可能性も…

今回の「ザ・セキュリティバンク」の販売会社について、公式ページに記載されていました。

 

  • 販売会社:Bit Just Limited
  • 運営者:Tsuyoshi Kawai
  • 所在地:ROOM 2012,20/F.,TOWER1,THE GATEWAY,25 CANTONROAD,TSIMSHATSUI,KOWLOON

 

どうやら香港に所在地を置く企業のようです。

 

 

また、運営者の名前は「池田政之」ではない人物の名前が確認できます。

 

 

この事務所、所在地を捜査してみると、香港法人の設立サポートを行う企業が存在していることが発覚。

 

 

 

どうやら日本から運営可能な法人を自由に設立できるサービスがあるらしく、「ザ・セキュリティバンク」は日本で運営されているとみて間違いないでしょう。

 

 

なぜ実態のない企業を販売元として表記しているのか。

 

 

怪しすぎますね。また、日本に本拠地があるとすれば、運営は前項目で捜査した事務所という事になります。

 

 

私の目にはエキストラにしか見えませんでしたが、いかがでしょうか?

 

 

もしかすると、「ザ・セキュリティバンク」は運営実態がない企業の情報商材なのかもしれませんよ。

 

 

絶対に利用すべきではない情報商材だと判断させて頂きます。

 

 

 

池田政之のザ・セキュリティバンクのまとめ

  • インタビュアーが怪しい商材に複数関与
  • 社員がエキストラの疑い
  • 販売は実態のない企業

 

人気記事一覧

ザ-セキュリティバンクの口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年4月16日

    やはりこういうわざとらしい動画を作るような案件は駄目ですねー。
    最近はこういうの無くなってきましたけどねー。

  • 投稿者名:匿名2019年4月4日

    今こういう詐欺をするのも大変みたいですよ?採算が合わないんだとかで。
    だからセキュリティバンクは経費を抑えるために謎のやらせ満載映像を作り上げたのかも知れないですね。
    しかしいくら素人とは言えあの映像は…(笑)
    今時youtuberの方がマシな映像取りますよね。

  • 投稿者名:匿名2019年3月19日

    結局セキュリティバンクってのはプラストークンを紹介するだけのアフィリエイト目的の案件だったってわけっすか。で、そのプラストークンというのもポリスにマークされるくらいには怪しいと。あかんな。

  • 投稿者名:匿名2019年2月15日

    参加者です。
    プラストークンという、韓国発祥の仮想通貨のウォレットがあります。
    MLMの形で子を増やしていくと利益があがるものです。
    池田は、それを使わせたかっただけのようです。
    商材どころか、本当の詐欺でした。

  • 投稿者名:匿名2019年1月30日

    オワコン詐欺商材。逃げたからもう被害者は後を追えないね。可哀そうに。

  • 投稿者名:パチプロ2019年1月29日

    さすがにへんてこすぎてヤバイと察したのでしょうか。例の動画やLPやら削除してますね。まあこういう怪しい詐欺情報商材系は一定期間たったら証拠を残さないように色々と決して退散するわけですが。この池田政之のザ・セキュリティバンクも例に漏れず怪しい詐欺商材だってことです。被害者が何人出たのかわかりませんが、今後増えるっていうことは無いでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2019年1月28日

    「必ず」「絶対」「確定」なんて言ってる商材は間違いなく詐欺。
    「詐欺まがい」なんかではなく詐欺。
    運営元を捕まえられないなら共犯の可能性があるこのインタビュアーを引っ張ってきて欲しいところ。

  • 投稿者名:匿名2019年1月25日

    きちんと自分の手で投資できて利益は丸々自分のものになるというのが一番おいしいよ。預けて、自動的に利益が増えて、なんてもん、古典的な詐欺。セキュリティバンクなんて実態が無いもんに金をかけるのは大バカ者ってものよ。情報会社がこれだけあってセキュリティバンクみたいなもんを選んじゃう人はそういう星の下に生まれた人と考える以外ないんだろうよ。

  • 投稿者名:シンガポール珈琲2019年1月24日

    何の中身も無い手抜きハイプ詐欺ですよ。
    詐欺をするならそれなりに準備をしなければいけないのにこの案件に関しては何の準備もできなかったんでしょうね。
    金がかかっていない詐欺というか、ハリボテの詐欺というか。
    詐欺の中でも質の低い詐欺だと思います。
    騙される人はかなり少ないと思いますけど、それでも一定以上は騙されてしまう人っているんでしょうね。

  • 投稿者名:匿名2019年1月24日

    真っ黒なディスプレイを見ながらパソコン操作してるような会社がまともなわけないでしょ(笑)

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^