VET(VeChain)は将来性が高い仮想通貨?今後の爆上げの可能性を調査

VETのサムネイル画像
コイン名Vechain

VET(VeChain)の将来性を調査

VET(Vechain)は、あらゆる物の流通を完璧に追跡する、物流に特化したプラットフォームが発行する仮想通貨です。
 
 
中国でのVETの実用化がハイペースで行われており、アルトコインの中でも屈指といえる将来性の高さを誇っています。
 
 
VETの価格は今後も上がり続けるのか?調査を行ったところ…
 
 
VETは将来性が高く、長期的に価格上昇を続けていく可能性が高いことが判明。
 
 
今回はVET(Vechain)がどんなコインなのか解説していくと共に、今後の価格動向、見通しをお伝えしていきます。
 

VET(VeChain)の特徴

あらゆる商品の流通を追跡

VET(VeChain)のブロックチェーンによって管理されたICチップを商品に埋め込むことで、商品の流通過程をブロックチェーン上に記録することができます。
 
 

ブロックチェーンの特性である
・改ざんできない
・誰でも閲覧できる
 
 

という機能を物流業界に生かすことで、その商品は誰が作った商品で、どのような経路で販売されてきたのかが簡単にわかるように。
 
 

VETを使えばのスマホをかざすだけでそのブランド品が本物なのか?誰でも瞬時に確認することが可能となります。
 
 
そのほかにも商品にIDを付けることで流通状況や品質維持の管理が容易となるため、VET(VeChain)は物流業界に革命を起こすアルトコインだと評価されています。
 
 
VRTは中国内で最も実用化が進んでいる仮想通貨といえるほど、目まぐるしい速度で普及が進んでいます。
 

中国の大手企業と多数提携

VeChain(VET)の最高責任者元LOUIS VUITTONチャイナの最高責任者である「SunnyLu」氏が立ち上げたプロジェクトであり、当初から様々な大手企業との提携を行っています。
 
 
提携会社には
・「Walmart」の中国子会社や
・マイクロソフト
・自動車メーカーのBMW
・LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)
 
を筆頭に、大手企業や中国で絶大な力を持つ企業と業務提携、ブロックチェーンの技術の共同開発を進めています。
 

中国政府からも認められた技術力

仮想通貨取引が全面禁止を決めた中国の経済特区では、銀行などの機密文書の管理にVET(VeChain)を使う実証実験が行われています。
 
 
中国政府から新技術開発の正式なパートナーとして認められており、一部の地域ではすでにVETの実用化も始まっています。
 

独自ブロックチェーンを持つ

当初はイーサリアムベースのブロックチェーンを使って開発されたERC‐20トークンでしたが、2018年に独自ブロックチェーンへと移行しました。
 
 
独自ブロックチェーンへの移行によって新たに2つの新技術が追加されました。
 
 
▼デュアルトークンシステム
VeChainではVETの他にもVTHO(VeChain Thor Energy)という、手数料の支払に使用されるトークンを発行しています。
 
 
VTHOは保有しているVETの量に応じで毎日配布されるトークンであり、VeChainを導入する企業は手数料用のVTHOを確保するためにVETを保有することが必須となります。
 
 
つまり、デュアルトークンシステムはVETの需要を高めるために生まれたシステムということですね。
 
 
▼コンセンサスアルゴリズム「PoA」
VETが導入するアルゴリズム「PoA(Proof of Authority)」は、VETを保有している量が多い人がブロックの作成が行える仕組みです
 
 
ビットコインの場合、最も処理速度の速い人がブロックを生成できるPoWという仕組みをとっており、この処理作業はマイニングと呼ばれています。
 
 
↓ビットコインの仕組み
ビットコインの仕組み
 
マイニングには処理速度が遅く、手数料が高騰しやすいというデメリットがあるため、VETは独自の承認アルゴリズム「PoA」に切り替えることでそのデメリットを無くしています。
 
 
↓VETの仕組み
VET(Vechain)の仕組み

 
VETのように多く保有している人がブロック作成の権利を得て報酬がもらえる仕組みをステーキングと呼んでいます。
 
 
VETは導入した2つのシステムで、VETの需要が高まる仕組みをうまく作り上げることに成功しています。
 
 

VET(Vechain)の将来性、今後の見通し

VET(Vechain)は特徴の解説でもお伝えしたように、すでに実用化が始まっている将来性の高い仮想通貨です。
 
 
今後も価格上昇が続くことが予想されますが、VETは短期ではなく1年~5年かけて上がっていくと思われます。
 
 
そう考える理由は以下の2つ。
 
 
・物流業界の活性化
・ロジスティクス4.0との相性が抜群
 
 
順番に解説していきましょう。
 
 

物流業界の活性化

2020年から始まった世界的な巣ごもり需要の拡大により、多くの人々が自宅からネットショッピングを行う時代が急遽到来しました。
 
 
物流の需要が増えたことで業界全体が活性化した半面、物流件数の増加による在庫管理の複雑化、偽ブランド品の増加など、問題点も多く出てきました。
 
 
VETは頻出する問題点の解決策を持つサービスであり、今後も本拠地である中国での需要が増え続けることが予想されます。
 
 
商品の流通経路を完全に担保できるVETの価格にも、大きな影響を及ぼすことでしょう。
 

ロジスティクス4.0との相性が抜群

ロジスティクス4.0とは、AIやIoTを用いた物流の省人化・標準化を指す言葉です。
 
・自動運転やドローンによる配送
・ロボットによる庫内・荷役作業
 
荷造りから配達までを機械が行うことで、人手不足や在庫管理の簡略化を目的として、実現へ向けた緊急が進んでいます。
 
 
VET(Vechain)は在庫管理、偽物の判別を行う機能の他にも、自動者メーカーのBMWと提携して自動運転や車両管理をブロックチェーンで行うための研究を行っています。
 
 

巣ごもり需要が低下した後に起こるであろうロジスティクス4.0革命の際にも、独自の技術を持つVETの需要は上がり続けることが予想されます。
 

ナスダックによるVETの見通し

2021年5月にナスダックは近い将来に大きな成長の可能性を秘めている7つのアルトコインという記事を公開し、そこにはVET(Vechain)が含まれていました
 
▼ナスダックの記事
ナスダックの記事
 
この記事では「ロジスティクスの問題に対する技術的ソリューションを提供するサプライチェーン追跡の主要な暗号として注目している」としてVET(Vechain)が紹介されています。
 
 
今すぐに技術が使われて価格が上がるわけはないが、VETは近い将来に大きな成長が見込める仮想通貨であると、ナスダックは判断しています。
 
 
以上の点を踏まえた結果、VET(Vechain)は将来性が高い仮想通貨であり、長期的な価格上昇を遂げる仮想通貨であると予想しています。
 
 
VET(Vechain)他に短期急騰が期待されるコインが知りたい方は、アルトコインの急騰予測サービスである「アルトバンク」を活用してみてください。
 
 

VET(Vechain)の爆上げはあるのか?注目ポイントを予想

まずはこれまでのVET(Vechain)のチャートから、どのようなニュース、タイミングで価格上昇が起きたのか振り返ってパターンを探します。
 
▼VET(Vechain)のチャート
VETのチャート
 
①:アメリカの企業「セールスフォース(Salesforce)」がVechainを導入
 
②:「ウォルマート中国」がVechainの技術を利用
 
 
Vechainは開発がかなり進んでいるため、大手企業での実用化が価格に大きな影響を与えていました。
 
 
このほかにもコロナワクチンの証明書をVechainで発行する国や、製薬会社が医薬品輸送時の追跡に利用するなどの事例が増えていることが価格高騰につながった模様です。
 
 
では、今後はどのようなタイミングで価格高騰が起こりうるのでしょうか。
 

中国国内での実用化

2021年9月23日に、Vechainは中国内のペットフード市場に参入することを新たに公表。
 
▼ニュース
Vechainのニュース
 
新型コロナウイルスによる影響で、中国国内では自宅でペットを飼う人が増加しています。
 
 
結果的にペットフードをインターネットで購入する人が増えたことで物流の質が低下し、低品質な偽物のペットフードが中国市場では蔓延してしまいました。
 
 
VET(Vechain)は高品質なペットフードを保証するために、ペットフードの原産地や輸入証明書をブロックチェーン上にアップロードすることで製品の安全性を確保することを目指します。
 
 
まだ実用段階には至っていませんが、2021年内には新たな動きがありそうです。
 

中国以外への進出

現在は中国国内での実用化が主だっていますが、今後世界中でVET(Vechain)の技術が使われる日が来ても何ら不思議ではありません。
 
 
現に、アメリカでは導入する企業も出てきているため、中国以外での活用が今後は増加していく可能性が高いとみています。
 
 
中国以外に本社を置くルイヴィトンやウォルマートなどの中国支社がすでに導入しているので、これらの大手企業での活用が決定すれば、VET(Vechain)はさらに世界中で活用されるようになるはずです。
 

人気記事一覧

Vechainの口コミ

  • 投稿者名:匿名2021年10月5日

    VeChainThorによる年間の総炭素排出量は約4.58トンで1BTCを採掘する際に発生する炭素排出量の約2.4%になります。VeChainThorによる年間の総電力消費量は7581.31kWhと推定され、これは4.3BTCまたは51ETHのトランザクションを処理するために使用される電力にほぼ等しい[5, 6, 7]。

  • 投稿者名:匿名2021年10月4日

    VechainのPoAコンセンサスメカニズムはブロックチェーンプラットフォームのエネルギー効率の問題をサクっと解決してくれそうで期待しています。SOLANAに勝てるのはVechainだけ。

  • 投稿者名:匿名2021年10月1日

    VeChainThorブロックチェーンは、グリーンテクノロジーを通じてより健全な地球を育てるという目標を追求するために、企業がスマートコントラクトソリューションを構築するための真に持続可能なインフラを提供します。つまりVeChainはSDGs銘柄!

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。