仮想通貨 ファントムコインのFDP、投資すると損する可能性が…

サービス名FDP(Fantom Diffusion Project)

FDPのプラン詳細を調べたら、衝撃の事実が…

FDP(Fantom Diffusion Project)は仮想通貨ファントム(FTM)が増やせるというMLM型の投資案件
 
 
投資すれば最大で年利13%の報酬が受け取れるほか、人に紹介するたびにボーナスが貰えるネットワークビジネス的な側面を持っています。
 
 
怪しいという声も上がるFDPを調査したところ、普通に投資すると損する可能性が高いことが判明しました。
 

仮想通貨ファントムコインのFDPとは

ファントムコインのFDPは、ステーキングと呼ばれる仮想通貨を使った資産運用にMLM(ネットワークビジネス)を掛け合わせた投資案件
 
 
※ステーキングとは
特定の運用先に仮想通貨を預ける(ステークする)ことで、金利が貰える仮想通貨の運用方法。株式投資における配当(優待)のようなイメージ。
 
 
FDPに投資をするとFDPが投資家の代わりにファントムコイン(FTM)の購入~ステーキング運用まで代理で行います
 
 
また、ステーキング報酬以外にも自分の知人にFDPを紹介すると紹介報酬が発生するなど、MLM形式でのマーケティングが活発に行われています。
 

FDPの仕組みについて

FDPを正しく理解するためには仮想通貨ステーキングの仕組みを知っておく必要があるので、簡単に解説していきます。
 
 
仮想通貨のステーキングは、仮想通貨の取引データの処理や不正などのチェックを手伝うと、そのコインの発行元から報酬が貰える運用方法のことです。
 
ステーキングの仕組み
 
処理を手伝う企業や人のことを「バリデータ」と呼び、今回のFDPもバリデータになります。
 
 
このバリデータは誰でもなれる訳ではなく、処理を手伝いたいコインを大量に保有していなければバリデータに選ばれることはありません。
 
 
FDPでは大勢の投資家からファントムコインを集めることで大量保有者となり、バリデータとして取引の処理を手伝います。
 
 
FDPの仕組み
 
投資家からファントムコイン(FTM)を大量に集めればFDPはバリデータになることができ、ファントムコインのステーキングが行えるようになります。
 
 
ステーキングによって発生した利益をFDPが投資家に随時還元していく。
 
 
これがFDPに投資することで利益が出せる儲けの仕組みになります。
 
 

FDPは紹介できないと損する仕組みか

FDPに参加する際は2つの投資プランを選択するのですが、購入時点で20%~40%分を損する仕組みとなっています。
 
FDPの投資プラン
 
見づらいのでプラン詳細をまとめると…
 
【投資家プラン】
・投資金の80%でファントムコイン(FTM)を購入してステーキング
・残りの20%はFDPが投資家に紹介報酬を払うための資金に回される
 
【ビジネスプラン】
・投資金の60%でファントムコイン(FTM)を購入してステーキング
・残りの40%はFDPが投資家に紹介報酬を払うための資金に回される
 
 
つまり、10万円で投資家プランを選択した場合、8万円分のファントムコインしか貰えないんですね。
 
 
FDPは投資するだけだと損をする仕組みになっています。
 
 
ただ、FDPは人に紹介することで報酬を貰うことが出来るMLM(ネットワークビジネス)で広まっている投資案件なので、逆にメチャクチャ紹介出来れば投資金以上の利益を出すことが可能です。
 
 
“営業力のある方にとっては”FDPは稼げる投資案件であると言えます。
 

FDPの報酬体系が結構ヤバい

FDPには初期投資額に応じたメンバーランクが存在しており、投資額の多い上位ランクほどステーキング報酬を多く受け取ることが出来ます。
 
FDPの報酬体系について
 

メンバーランク投資額報酬の割合
ブロンズ500ドル(約6万8000円)50%
シルバー2,000ドル(約27万5000円)60%
ゴールド10,000ドル(約137万円)70%
ルビー30,000ドル(約413万円)80%
サファイア50,000ドル(約688万円)90%
エメラルド100,000ドル(約1370万円)100%
ダイヤモンド500,000ドル(約6880万円)100%
FDPの報酬体系

 
 
最低でも1370万円を投資しないと、正規の報酬額は受け取れないんですね
 
 
FDPの報酬体系はかなり辛い設定になっていると言えます。
 
 
ぶっちゃけ言いますけど、ファントムのステーキングだけなら日本語対応している海外取引所の方が断然お得です
 
 
また、FDPのステーキングによって発生した報酬は、ファントムコインではなくFP(ファントムポイント)と呼ばれる独自ポイントで支払いが行われます。
 
 
換金できるタイミングは申し込みから1年後になるので、効率の良い投資とは思えないというのが私の感想です。
 
 
仮想通貨にはファントムコイン以外にも価格上昇が見込めるコインが数百種類存在しています。
 
 
例えば、1ヶ月で34倍に高騰したGMTコインなどは非常に注目を集めた仮想通貨でした。
 

 
10万円投資しておけば1ヶ月で340万円ですからね。
 
 
仮想通貨にはこういう規格外の高騰見せるコインが定期的に出てくるので、長期間資金が拘束されるFDPのような投資案件だと機会損失となることも考えられます。
 
 
なので、FDPに投資する場合は全額FDPに突っ込むのではなく、アルトコインに投資できる余力も残しておくのがベストではないでしょうか。
 
 
1年間ステーキング報酬を貯めながら、チャンスがあればアルトコインへの投資で更に大きな利益を狙っていく。
 
 
これに紹介報酬も乗っかれば最強ですね笑
 
 
ちなみに「シンジケート」という会員制サイトが「34倍達成したGMTコインの情報を事前に教えてくれた」という口コミが投稿されたことで話題になってるので、上手く活用できれば莫大な資金が作れそうです。
 

 
ご興味のある方は調査レポートをご覧ください。
 
 
>>シンジケートの調査レポート
 
 

FDP 運営会社の実態

運営会社の実態については現在、鋭意調査中です。
 

人気記事一覧

FDP(Fantom Diffusion Project)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年8月7日

    とりあえずまだ被害が出てるわけじゃないなら、投資しちゃった人は静かに待ったほうがいいでしょ。もともとステーキングは長期投資が大前提なんだし、、、

  • 投稿者名:匿名2022年8月6日

    TKO木本武宏の7億円投資トラブルってFDPも含まれてそう。大木はビットコインで損してから投資の勉強を始めたというが、最後まで人任せで勉強したとは思えない無責任さだった。

  • 投稿者名:匿名2022年8月4日

    ビジネスプランに至っては資金力がものをいうバリデーターに投資金の60%しか回さずファントムコインをステーキングするという意味不明ぶりだからな~

  • 投稿者名:匿名2022年8月2日

    本当に湯田が関わっているのか確信できないが、普通に仕組みだけ見れば湯田がやってそうなポンジだな。最初に投資元本から20%~40%が紹介料に回ると明記されてて本時だということを隠そうともしていない。

  • 投稿者名:匿名2022年7月31日

    バリデータがどこを選ぶかでずいぶん結果が違うので信頼性の高いところを使ったほうがいいに決まってる。どこがいいかなんてバイナンスとかちょっと調べればわかるし、英語がだめでもGoogle翻訳で十分わかる。

  • 投稿者名:匿名2022年7月29日

    湯田陽太がFDPにかかわってるのはまず間違いないと思うけど、仮に関わり合いがないとしても、こんなCCNみたいなシステム心配だよね。

  • 投稿者名:匿名2022年7月27日

    ねずみ講は違法だけどMLMは違法じゃないから批判は気にならない。STEPNだって暴落したから文句言われてるけども、爆益だして億り人になった奴もかなりいる。FDPは結果が出てから詐欺かどうか判断すればいい。

  • 投稿者名:匿名2022年7月26日

    バリデーターのくせにファントム100万円分売るとか意味不明なことせずに、取引所でFTMを買ったホルダーにステーキングのバリデーターとしてFDPを選んでもらえばいいのに。なんでわざわざ犯罪に手を染めようとするのか?

  • 投稿者名:匿名2022年7月26日

    色々言われてるけどFantom自体良いトークンだと思うし、DAGはWeb3をリードする技術だと思うから投資先のチョイスは問題ないと思う。短期的に含み損が出てもFDPがそれをカバーするということならごく普通の金融商品だろ。

  • 投稿者名:匿名2022年7月25日

    バイナンスでFTMを買いフレキシブルセービングでFTMをステーキングすれば推定APRは1%、FDPで100万円分買うと60万円分が納品されイキナリ-40%からのスタートらしい(笑)

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。