仮想通貨レンディングの「NEXO」を捜査。実はリスクもあるようで…。

NEXOのサムネイル画像
サービス名NEXO
運営会社Credissimo
CEOSokol Iankov
運営所在地Orange Point Building, fl. 2, Dun Karm Street, Birkirkara 9037, Malta

NEXOのメリット、デメリットを解説

2020年に新たな仮想通貨の稼ぎ方として注目を浴びる仮想通貨レンディングですが、そんな中でも信用度の高い案件として注目される「NEXO」について捜査を行いました。

 
 

年利8%でいつでも出金可能、手数料ゼロなどのメリットばかりを目にする状況ですが、果たしてデメリットは存在するのでしょうか?

 
 

今回は仮想通貨ポリスが捜査した結果から

 

投資すべきなのかどうか

リスクはあるのか

デメリットはあるのか

 

について、お話いたします。

NEXOで果たしてどれだけ稼げるのか?

年利8%で運用できるというレンディングサービスの「NEXO」ですが、果たしてどれだけの利益を得ることが出来るのでしょうか?

 
 

事業内容としては…

 
NEXOの資金の流れ
 

NEXOの利用者から預かった資金

 
 

・仮想通貨取引所

・スタートアップ企業

・仮想通貨ファンド

・投資家

 
 

などに法定通貨を貸し出し、その利息として5.9~11.9%という金利をNEXO側が受け取るという仕組みになります。

 
 

この収益をNEXOのレンディングユーザーに対する8%の配当に充てているというわけですね。

 
 

配当については毎日専用のウォレットで受け取ることが出来るようなので、コツコツと利益を積み上げる事を続けられる方には向いているサービスとなるでしょう。

 
 

また、配当として受け取った通貨自体をさらに複利運用することもできるため、当初予定よりも多くの資金を稼ぐことが出来るというのがNEXOの魅力の一つであるといえます。

 
 

ここまでの解説ではメリットばかりをお伝えしましたが、NEXOに投資する上で考えておきたいリスクやデメリットについても説明していきます。

期待できる点①:業界大手との協力関係

世界最大の仮想通貨取引所といえる「バイナンス」や、「トロン財団」などの大手企業か「NEXO」との協力関係や業務提携などを発表しており、「NEXO」が業界からの注目度も高くなっているようです。
 
 
NEXOの特徴である仮想通貨ローンにいては、仮想通貨を担保にして法定通貨を借りることが出来るというサービスです。
 
 
提携したバイナンスのBNBや、トロンのTRXなどももちろん利用可能。
 
 
世界的にも有名な企業が協力しているというだけでも一種の投資判断の一つになるのではないでしょうか?

 
 

期待できる点②:無駄な税金が掛からない

「NEXO」の仮想通貨担保型ローンを利用すれば、自分の保有している通貨を売却することなく現金を手に入れることが出来ます。
 
 
国ごとにもよりますが、基本的には仮想通貨は現金化してしまうと課税の対象となってしまいます。
 
 

こと日本においては雑所得として分類されてしまいますのでその税金は最大で45%に上るため、現金化した時点で約半分が税金として徴収されることになります。
 
 
その税金問題を解決できるのがNEXOの仮想通貨レンディングなのです。

 
NEXOローンの仕組み

 
「NEXO」は全世界の利用者に向けて、既に5億ドル(540億円くらい)の資金を貸し出し、20万に上るユーザーが利用している実績があります。
 

懸念点①事業が破綻する危険性も…?

「NEXO」では、ユーザーから預かった資金に対してハッキングなどの被害を想定し1億ドルの保険を掛けていると公表しています。

 
NEXOが掛けている保険について
 

ただ、細かく言えばこれは「NEXO」が管理するコールドウォレットに保管された資産に対して掛けられた保険です。

 
 

言い換えれば、NEXO側が貸し付けた先の企業などがハッキング被害や経営破綻などの事態に見舞われた場合保証がないという事。

 
 

貸付先となるスタートアップ企業や仮想通貨ファンドのセキュリティに依存してしまうという点を考えると、多少の投資リスクはあると考えた方がよいですね。

 
 

とはいえ、年利8%という破格の利益率を出していますから、投資を検討しているかたはよく考えてから投資をしましょう。

 
 

仮想通貨ポリスとしては、NEXOに一点張りのような投資をするのは危険だが、分散投資の一つとして行うのであれば検討の余地はあると判断しています。

 
 

NEXOについては今後も調査を続けていきますので、皆様からの情報提供などもお待ちしております。

 
 

また、仮想通貨ポリスが捜査した上で優良だと判断した投資案件もありますので、ご興味のある方は捜査レポートをご一読くださいませ。

【仮想通貨ポリス認定】優良案件の捜査レポート一覧▶▶

人気記事一覧

NEXOの口コミ

  • 投稿者名:匿名2020年4月28日

    レンディングサービスは色んな種類があってどれを選んだらいいかわからないですよね。NEXOは他と比べてどう違うのか教えて欲しいです。情報下さい。

  • 投稿者名:匿名2020年4月20日

    HYIP案件に懲り懲りしたもののBTCガチホじゃげいがないと思いNEXOを使い始めましたが結局BTCの暴落で無意味になりそう。うーんここまでわかりやすい相場だと普通にBTC/JPYスイングの方が儲かるな。

  • 投稿者名:匿名2020年4月17日

    融資を受けられる法定通貨に円が入ってないのが、不便ですね。現在は米ドルとユーロのみです。今後は円や人民元、ポンドやウォンに対応するとは言ってるもののなかなか対応してくれませんし、いつになるかもわかりません。やはり今のままでは不便なので、私は使いません。

  • 投稿者名:匿名2020年4月8日

    新型コロナウィルス問題が収束しないまま半減期を迎えたらビットコインだけじゃ済まないだろアルトも巻き添え喰らえばNEXOユーザー大損確定。

  • 投稿者名:匿名2020年4月8日

    いやービットコイン回復してきてるから配当も上がってくるんだろうけどーこの地合いなら普通に急騰していく銘柄たくさん出てるからねー
    普通に上がってく銘柄に投資してその差額の利益ゲトってった方がいいっしょー
    それが上がるのかわからないとかいう悩みは必要ないわけだしさー

  • 投稿者名:匿名2020年4月7日

    長期目線で見て必ずビットコインが上がると信じてるならやればいい。
    短期で上がった、下がったで一喜一憂したいならレンディングは向いてないってだけの話。

    個人的には仮想通貨ほどキャピタルゲインの美味しい商品は無いって思ってるけどね。

  • 投稿者名:匿名2020年4月7日

    年利8%らしいけど、セキュリティ面が弱いです。また、貸付先企業などが破綻した場合の保証などがゼロなのが痛いですよね。こっちを巻き込むなって感じです。ユーザーの保証くらいはきちんと確立させてから始めてくださいってなります。

  • 投稿者名:匿名2020年4月6日

    年利8%の利益率は確かに魅力的ではありますが、そのために背負うリスクが大きすぎるように感じます。貸付先となるスタートアップ企業や仮想通貨ファンドのセキュリティに依存することになる為、貸付先のハッキング被害や経営破綻があった場合の保証は皆無です。NEXO一点張りは大変危険だと思いますね。

  • 投稿者名:匿名2020年4月3日

    ちまちまと時間をかけて微々たる利益を積み重ねていくなら一気にドンと利益を獲得できる方法を掴んだ方がいいでしょう、間違いなく。

  • 投稿者名:匿名2020年4月3日

    NEXOの対応通貨に日本円が無いのは不便ですよね。もうこれだけで使う気が失せますよ。対応ステーブルコインのなかで使うなら消去法でテザーですが、まあそれでも色々手順が面倒ですよ。本当に面倒なので使うなら他探したほうがいいと思います。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^