「ENDO(エンドー)」を調べたら、かなり怪しい仮想通貨だった件

通貨名ENDO(エンドー)
通貨コードEDT
発行元ENDO Protocol
総発行枚数不明
BCプラットフォームERC20
公式サイトhttps://tokensale.endo.im

ENDO(エンドー)は無事、上場できるのか?

ネット上では割と高評価を受けているICO案件「ENDO(エンドー)」ですが、実は運営チームに詐欺師が関与している事実が判明。

 

 

その他にも運営チームによる上場予定日についての発言など、独自の仮想通貨情報を公開いたします。

ENDO(エンドー)には詐欺師が関与している

ICO案件「ENDO(エンドー)」ですが、公式サイトを確認したところ、過去に偽名で詐欺行為を働いていた人物が関与していることが判明。

 

 

その人物の名は「国本謙治

 

 

彼は「クリプトクラブジャパン(CCJ)」という仮想通貨コミュニティのリーダーを務めている人物。

 

 

彼がどのような経歴を持つ人物なのか、筆者が過去に捜査を行ったところ「国本謙次」ではなく「藤本京」という名前で競馬必勝法なる商品を販売していました。

 

 

 

今回名乗っている「国本謙次」に関しても、偽名の可能性は大いにあり得るでしょう。

 

 

本名すら名乗らずに人に投資を進める人間が関与する「ENDO(エンドー)」については、安易に信用していいICOではありませんね。

 

ENDO(エンドー)の10月上場決定はウソなのか?

2018年7月~8月にかけて販売が行われていた「ENDO(エンドー)」。筆者が捜査を進めていると、様々なブログサイト等では大手仮想通貨取引所に上場予定であると記載されていることに気が付きました。

  • OKEX(オーケーイーエックス)
  • KuCoin(クーコイン)
  • BTC-Alpha(ビーティーシーアルファ)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • YObit.net(ヨービット)

 

上記の取引所に上場予定だと書かれているものの、誰一人として情報元を明かさないという状態となっております。

 

 

筆者が独自に捜査したところ、公式テレグラム内にて「ENDO(エンドー)」のトークン配布はいつ終了するのか?という質問に対して、10月末に終了の予定だと運営チームが回答を出していました。

 

 

この状況から考えると10月の上場は、ほぼあり得ないとみて問題ないでしょう。

 

 

仮にこのまま上場してしまった場合、トークンを持たないままの投資家が出てしまいます。運営チームとしてもそれは避けたいはずですからね。

 

 

ただ、上場予定日はいつなのか?という質問に対して、秋ごろを予定しているとの回答していることも確認できます。

 

 

現状、運営チームからの情報を見る限り2018年中には上場するものと思われます。

 

ENDO(エンドー)の基本情報を紹介

書類やデータ、運転免許証などの個人情報、企業情報等を独自のブロックチェーンを用いて保管、管理を行うプロジェクト。

 

 

ユーザーと企業が「ENDO(エンドー)」が発行するトークン「EDT」を使用して、情報の交換やサービスを受けることが可能になります。

 

 

ブロックチェーンを使用することで個人情報の漏洩を防ぐと共に、現在は紙やデータのみで保管されている個人情報の保全にも繋がっていきます。

 

 

また、「ENDO(エンドー)」のブロックチェーン上に保管された個人情報については、医療記録や教育レベル、身分証明にいたるまでを管理することも可能になります。

 

  • クラウドセール:2018年6月20日〜2018年8月25日
  • 独自トークン単位:ET
  • プラットフォーム:ERC20
  • ソフトキャップ:5,000,000USD
  • ハードキャップ:15,000,000USD
  • 付与ボーナス
    ①6/20〜7/3:ボーナス最大20%
    ②7/4〜7/11:ボーナス最大16%
    ③7/12〜8/25:ボーナス最大10%
  • 販売トークン数:100,000,000ET

 

人気記事一覧

ENDO(エンドー)の口コミ

  • 投稿者名:匿名2018年11月7日

    仮想通貨はICO以外で考えた方がいい。
    ICOを推奨するクリプトクラブジャパンなんて信用ならない。
    そもそも自分たちが関わってるICOを推奨するなんてあからさまなパンプアンドダンプじゃない?
    自分たちが売り抜けて更に利益を得るために推奨してるとしか思えない。
    本当に会員の利益の事を考えてるところはもっと別にあるよ。

  • 投稿者名:ムッシュ2018年11月6日

    クリプトクラブジャパンという会に入会し、推奨されたので購入してしまいましたが、詐欺というのは本当ですか?上場は決まっていて高騰することもほぼ確定だということを聞いたので安心して購入したんですよ。ただ大げさに批判しているだけですよね?本当は価値の出る通貨ですよね?正しい情報をください。お願いします。

  • 投稿者名:匿名2018年11月6日

    偽名を使って商売するような人間が携わっているICOに投資したくないよ。
    結局10月中には上場してないしさ。
    中旬に上場するって話だったけどそれも嘘だったってわけ。
    やっぱ詐欺師の関わってるICOがまともなICOなわけないっか。

  • 投稿者名:匿名2018年11月5日

    クリプトクラブジャパンでENDOを買わせる国本と柴田。まともに取引もできないALBOSなんかも推奨してたし、ロクな連中ではない。

  • 投稿者名:プー2018年11月5日

    国本謙次のいるクリプトクラブジャパンが推奨してる通貨が上がった事なんてないんですよそもそも。
    そんな人間が関わってる仮想通貨なんて儲かるわけないと思いますよ。
    買いたい人は上場してから買えばいいと思います。
    確実に割れますからね。

  • 投稿者名:匿名2018年11月2日

    5億も集まってるって地味に凄いんじゃないかな?ソフトキャップに到達したってだけだから実際にはそれ以上集まってるということだもんね?買ってもいいのかな?ていうかちゃんと買えるのかな?

  • 投稿者名:りょーた2018年11月2日

    ENDOのコンセプトはわかる。良いと思う。
    日本でも広めるべきだと思う。良くわかる。
    しかしなぜそれで日本人メンバーが国本謙次に柴田豊和?
    なぜただの悪質情報商材屋?
    せめてどこぞかの有名企業の役員とかだそうよ。
    その二人は無いわ。いや、その二人だけは無いわ。
    居なきゃいいのに。その二人が居ないだけで印象違うのに。
    その二人がいるってだけで一気に詐欺案件臭くなるわ。

  • 投稿者名:匿名2018年11月1日

    え、ENDOってそんな怪しい人達が関わっていたんですか?過去に別のICOを上場させて大成功に収めた人が中心人物だからということで注目はしていたのに。。はあ。なかなか難しいものですね、ICOって。

  • 投稿者名:チアーズ2018年11月1日

    ツイッターのフォロワーアカウントを見ればこういうのは大体わかるんですけど、フォロワー数を増やすためだけに作られたフェイクアカウントにばかりフォローされてるんですよ。
    こういうことするICOにまともなのって今まで見た事ないんで、ENDOも結構危険なのでは。
    更に藤本京が関わってるICOとなれば尚更です。

  • 投稿者名:つ2018年10月31日

    怪しい商材屋がこぞってICO関連に進出してきてますよね。
    国本謙次、藤本京なんて仮想通貨の事何にも知らないただの素人なのに偉そうにセミナーとかやってますけど、誰でも手に入れられる知識を情報弱者にひけらかしてるだけ。
    そんな人物の関わるICOになんて未来があるわけないでしょう。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^