湯田陽太率いるレブキャピタルファンドが詐欺確定

通貨名ライズトークン
通貨コードXRT
発行元CORWEN SOLUTIONS LTD
総発行枚数500,000,000 XRT
BCプラットフォームEthereum
公式サイトhttps://rise-token.com

湯田陽太のレブキャピタルファンドは詐欺なのか?

2019年初頭に「ライズトークン」なるICO案件をスタートさせた「湯田陽太」でしたが、2019年11月にはハワイでの不動産投資やサンダーウォレットなどの新規事業を開始。
 
 
2021年10月頃からはセブンチェーンプロジェクトなる新たな投資案件の紹介を始めているのだとか…。
 
 
2022年2月現在も新潟などの地方にてセミナーなどが頻繁に開催されている模様。
 
 
このページでは「湯田陽太」が詐欺などと言われている理由についてまとめています。
 
 
湯田陽太が過去に紹介してきた投資案件や経歴から「湯田陽太」とは一体がどんな人物なのか?突き止めていきます
 
 

【最新情報】湯田陽太が福岡県警に逮捕された

湯田陽太が逮捕された
 
株取引の基礎が学べる教材「株アルケミスト」という商品をマルチ商法によって会員に紹介させており
 
 
「絶対に出来る」など、不確定なことが必ず出来ると誤認するような言葉で勧誘を行った不実告知と、契約書を交付しなかったことによる特商法違反の容疑で逮捕された模様です。
 
 
一言でまとめると嘘ついて投資勧誘してたことがバレて捕まった感じですね。
 
 
湯田陽太が集めた会員の90%は20代だったらしく、入会費を工面できない若者には消費者金融で借金をさせることも横行していたんだとか。
 
 
釈放後は逮捕の要因となった教材の販売はやめ、「セブンチェーンプロジェクト」と呼ばれる仮想通貨を同様のマルチ商法にて販売している模様です
 
 
基本的に湯田陽太が取り扱う商品はかなりあくどいと評判なんですが、その商品を他の人に紹介して得られる紹介報酬はかなり稼げるとされています。
 
 
新たに始めたセブンチェーンプロジェクトも紹介報酬を出さなければほとんど稼げない可能性もあるので、個人的な感情としては投資するのは怖いと思っています。
 
 
ゲーム関連で将来性に期待されるコインはとっくに大手取引所に上場し、どんどん10倍、20倍へと高騰し始めています。
 
 
特に最近だとゲーム、NFT関連としてバイナンスに上場し20倍以上に高騰したSTEPN(GMTコイン)などが話題になっています。
 
シンジケートが高騰を予想したGMTコイン
 
GMTコインに10万円投資していれば、それだけで200万円以上の利益。
 
 
シンジケート」など、高騰が期待できるコインの情報を教えてくれるサービスなどを上手く活用すれば、ICO以上の利益を狙うことも出来そうですね。
 
 

【更新履歴】タップで開く↓

【2020年7月】湯田陽太が弁護士に提訴された

藤森克己法律事務所によると、湯田陽太を被告として静岡地裁に提訴を行った模様です。
 
湯田陽太が提訴された
引用元:藤森克己法律事務所HP
 
投資勧誘を行っていた「レヴキャピタルファンド」という投資勧誘が詐欺に当たるのではないか?として、静岡地裁に提訴を行ったようです
 
 
別の投資案件で先日逮捕された「湯田陽太」が勧誘していた「ジュビリーエース」も当サイトで捜査していますので、ご興味のある方はご一読ください。
 
 
やはり、人からマルチで紹介された投資案件がめちゃくちゃ稼げるなんて、そんなうまい話は信じるべきではなかったのでしょう。
 
 
湯田陽太のような金融に精通していない人物が勧誘を行う投資案件ならば尚更です。
 
 
しっかりと正しい知識を身に着けて、自分で稼げそうな商品や投資手法を探していくのが一番の近道ではないでしょうか。
 
 
株式投資でもいいですし、仮想通貨投資でもいい。とにかく詳しくなって、騙されないような知識を身につけましょう。
 
 
特に仮想通貨などはこれから大きくなっていく分野ですし、少し勉強すれば怪しいコインや投資勧誘などはすぐに見破れるようになるはずです。
 
 
かつて怪しいと言われ数千円だったビットコインは、今や1枚700万円を超える価値を持つまでに成長していますか。
 
 

正しい知識を身に着ければ第2のビットコインになるような仮想通貨が見つけられるかもしれませんね。
 
 
>>10年仮想通貨を分析したプロが選ぶ、2022年期待の仮想通貨とは
 
 

【2020年6月】財務局に詐欺案件のお手本として紹介された

レブキャピタルファンドが詐欺事例として紹介された
 
近畿財務局が公開した「詐欺的な投資勧誘の事例」として、「レブキャピタルファンド」が提供していた「ライズトークン」が掲載されました。
 
 
現在は「アルケミスト」なる株式投資サービスを展開しているレブキャピタルファンドですが、近いうちにライズトークンと同様にその詐欺性が認知されてくることでしょう。
 
 
首謀者である「湯田陽太」はネットの情報を信じるなと言い勧誘を続けているようですが、財務局が詐欺的な投資勧誘だと認識しているのですから、信じる信じないの段階ではないんですよね。

【2019年12月】解約したい人が殺到している模様

ヤフー知恵袋やTwitter等のSNSにて、「レブキャピタルファンド(サンダーウォレット)」を解約したい。という投稿が相次いでいる様子。

 

レブキャピタルファンドの解約者続出中

 

利用者の投稿を確認したところ、解約申請自体は行えるが返金されない。出金できないという事態が相次いでいる様子。

 

そのせいか、Twitter上では「レブキャピタルファンド」の返金方法を教えるといった投稿を確認しています。

 

 

「○○を教える系」「代理で返金対応する系」のツイートに関しては、9割が被害者をさらに落とし込むための二次被害と言われています。

 

 

本当に返金方法を知っており、被害者の手助けをしたいのならば無料で公開すればいいだけの事。

 

わざわざ個別に連絡を取ることの意味を、よく考えてから利用しましょう。

 
 

 

ライズトークンについて

まずは、レブキャピタルファンドが発行している独自の仮想通貨「ライズトークン」を簡単にご説明させていただくと、

  • 世界中の不動産に対する投資、購入、売却などが可能になるプラットフォームの提供。
  • 発行された「ライズトークン(XRT)」を保有しているとプラットフォームにアクセス可能
  • 集めた資金の70%を不動産投資に回す。
  • 不動産投資の一部を「ライズトークン(XRT)」ホルダーに分配

以上のようなトークンになります。

 

このライズトークンについて捜査を進めたところ、衝撃的な事実が発覚したため公表いたします。

 

ライズトークンは存在していない!?

発行されているはずの「ライズトークン(XRT)」について捜査すると、「イーサリアム(ETH)」ベースのトークンであることが分かります。

 

 

この、イーサリアムのブロックチェーンをベースとしたものを「ERCトークン」と総称するのですが、これに分類される仮想通貨はもれなく、イーサスキャンというwebサイトにて取引履歴や発行枚数が閲覧可能となっています。

 

 

ですが、管理人が確認したところサイト上にて「ライズトークン(XRT)」自体が存在していないことが判明します。

 

ライズトークンの調査結果

 

正確に言うと、ライズトークンというものは存在するが、レブキャピタルファンドが発行している「XRT」が存在しないという捜査結果に。

 

 

レブキャピタルファンドが存在しないトークンを販売していたとなると、明らかな詐欺行為であると言わざるを得ません。

 

サンダートークンも同じ状態

レブキャピタルファンドが提供する「サンダーウォレット」で管理可能な「サンダートークン(THT)」に関しても、ライズトークンと同様、存在は確認できませんでした。

 

 

独自のブロックチェーンを使用している可能性もありますが、その場合は他の通貨に交換するハードルが数倍高くなります。

 

 

レブキャピタルファンドの提供するこれらのトークンに関してはMLM方式で現在も勧誘が続けられているとのこと。

 

 

管理人の見解としては、正体不明のトークンに投資することはお勧めしません。

 

危険な紹介者たち

「ライズトークン(XRT)」が採用しているマーケティング方法である、MLMについても少し解説していきましょう。

 

 

既に商品を購入している人間が新たに購入者を紹介。その紹介された人間が新たに商品(この場合はライズトークン)を購入することで、最初の紹介者にも紹介料が支払われるという仕組みです。

 

 

 

このMLMについては仮想通貨業界では割とベターなマーケティング方法であり、過去にも以下のような投資案件がMLM方式で急速に拡大した前例があります。

 

 

上記の3つは業界でも有名なMLM案件ですが、現在はどれも経営破綻を起こしており、一部では投資詐欺だったと評されるような投資案件となっております。。

 

 

そして、今回の「ライズトークン(XRT)」のセミナーを主催している人物やSNSを使い勧誘を行っている人物を捜査したところ、が「レブキャピタルファンド」に深く関与している3人の男性が浮上します

 

危険人物①:湯田陽太

 

2018年初頭より「ライズトークン(XRT)」のセミナーを頻繁に開催している人物。

 

 

「ジョーカー(JOKER)」なる投資集団を名乗り活動していたようですが、ネット上での悪評の多さから名乗ることをやめたとのこと。

 

 

過去には仮想通貨以外にもネットビジネス系の情報商材や投資詐欺「D9クラブ」にも関与していた経歴を持つ人物のようです。

 

 

管理人が経歴を見る限り、仮想通貨に精通した人物ではなく、自分が稼ぐためにMLMをやり続けている印象を受けました。

 

 

ちなみにSNSでは「湯田陽太」率いる「ジョーカー(JOKER)」に騙された被害とツイートが多く確認できました。

 

 

紹介者のみが利益を貪る悪質な案件も紹介している人物のようですので、セミナー等に参加される方は注意が必要です。

 

 

危険人物②:井上聡人

 

LINE@等のSENを通して「ライズトークン(XRT)」の勧誘を行う人物。

 

 

元プロバスケットボール選手のようですが、現在は引退してネオニートをしていると彼のTwitterにはプロフィールが記載されていました。

 

 

※現在はTwitter等で勧誘していた動画やツイート等を削除しているようです

 

危険人物③:小山大輔

夢リッチ株式会社 代表。この「小山大輔」については、過去にアフィリエイトで稼ぐ方法を教えるという情報商材を販売していました。

 

 

彼のノウハウで本当に稼げるのかについては定かではありませんが、アフィリエイトをやめてMLMを行っているという事から考えると、稼ぐことは出来なくなったのかもしれませんね。

 

運営会社はペーパーカンパニーか?

更に「ライズトークン(XRT)」の公式サイト内を捜査すると、HPの最下部にプロジェクトの運営元と思われる企業名を発見。

 

 

この「CORWEN SOLUTIONS LTD」について捜査を進めると、ジブラタルという場所に所在地を置く企業であることが判明。

 

 

イギリス領の国になるのですが、ここはパナマ文書でも問題となったタックスヘイブン(租税回避地)として有名な場所。

 

 

恐らくはこの国に運営実態はなく、あくまでペーパーカンパニーとして表記しているに過ぎないのではないかと思われます。

 

 

そして、今回の「ライズトークン(XRT)」プロジェクトの目玉であったハワイへの不動産投資を行う企業についても捜査を開始。

 

 

公式サイト空は企業名を見つけることができませんでしたが、ヤフー知恵袋や某ブログサイト等には不動産事業を展開するとして「 Rev Capital Fund LTD(レブキャピタルファンド)」なる企業名が確認できました。

 

 

「レブキャピタルファンド」についても捜査を進めると、コチラも同様にタックスヘイブンであるバハマを所在地としていることが判明します。

 

 

実際のところ、誰が何処で運営しているのか分からないという結果に。

 

 

トークンの存在すら確認ができない「ライズトークン(XRT)」でしたが、当サイトでは8割スキャムだろうと判断しています。

 

 

レブキャピタルファンドを紹介する方々は、一体何をもって稼げるなどと判断しているのでしょうか?個人的には湯田陽太などの紹介者側が紹介料を貰うために紹介しているようにしか見えませんでした。

 
 
2020年はレブキャピタルファンドのような投資案件ではなく、アルトコインに投資した方がリスクも少なく稼げた年となりましたね。
 
 
レブキャピタルファンドに騙された投資金を取り戻したいという気持ちも分かりますが、そろそろ別の方法で取り返すことも視野に入れて立ち回った方が良さそうです。
 
 
最近ではアルトコインに1ヵ月投資して100万円を600万円に増やした人もいるので、ご興味のある方はご覧になってみてください。
 
 

「ライズトークン(XRT)」のまとめ

  • マルチ商法で販売されている
  • 販売者の評判が悪すぎる
  • トークンが存在しない
  • 運営元の実体が不明

 

 

人気記事一覧

ライズトークンの口コミ

  • 投稿者名:匿名2022年9月29日

    セブンチェーンプロジェクトについての
    勧誘書込みが詐欺相談な○にあります。
    現状を早く理解して注意しましょう。
    湯あ○亮太がよくストーリーにながしてます。

  • 投稿者名:匿名2022年7月20日

    新潟では下っ端が必死にインスタでアピールしてます。
    飯○、鍵○、井上絡みが多い!
    インスタ見れば芋づる式につながる。
    個人で億稼ぐならやらなきゃいいのにね。
    そうしないとやっていけない。
    フリーとか言ってるがブラック企業と変わらない。

  • 投稿者名:匿名2022年7月4日

    JOKERとか株式会社Labemeとか、湯田陽太は使い捨てにしてきた組織が複数あるが大体似たようなメンバーでやってるから中身は一緒。湯田は余罪が大量にあるので1年に1度は逮捕されてほしい。

  • 投稿者名:匿名2022年6月29日

    湯田陽太の会社にはアルケミスト以前のレブキャピタルファンドやD9クラブで荒稼ぎした金が眠ってるらしいよ。返してもらおう。

  • 投稿者名:匿名2022年6月28日

    湯田陽太逮捕からもうすぐ1年ですね。街録では凍結された口座は解除されるとうそぶいてましたが、実際口座凍結は解除されたのでしょうか?解除されたなら返金してほしいですね。

  • 投稿者名:匿名2022年6月13日

    湯田に関しては過去の商材は刑事裁判も終わり、民事も大体決着がついてるようで非常によろしい。あとは変な案件で罪を重ねないでほしい。

  • 投稿者名:匿名2022年6月10日

    来週末は約束の場所?笑
    大阪で洗脳会があるようです。
    幹部?らしいやつらが壇上にあがり
    しゃべくりますよ!
    インスタ見ると自画自賛やら
    仲間同士で褒めあってる!笑

  • 投稿者名:匿名2022年6月6日

    その後も雨後の筍のごとく仮想通貨系のポンジスキームが現れては消えています。投資は自己責任という言葉でバックレる気満々の運営やリーダーたちにはくれぐれも注意してください。

  • 投稿者名:匿名2022年6月3日

    湯田君、ファントムが白でも紹介者は黒の判決が出るんだから、裏で糸を引いてるだけだから安心とはならないよ。

  • 投稿者名:匿名2022年6月2日

    マルチ商法を広めた人も処罰される時代になったので湯田陽太みたいに他人のせいにして責任を逃れてきたやつには厳しい時代になったな。

口コミ投稿フォーム

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。