ライズトークンなんて仮想通貨が存在しないと話題に

通貨名 ライズトークン
通貨コード XRT
発行元 CORWEN SOLUTIONS LTD
総発行枚数 500,000,000 XRT
BCプラットフォーム Ethereum
公式サイト https://rise-token.com

ライズトークンは詐欺なのか?実態を捜査。

2019年初のICO捜査になります。捜査対象は当サイトの読者様より多くのお問い合わせを頂いているライズトークン。

 

 

どのような仮想通貨なのかを簡単にご説明させていただくと、

  • 世界中の不動産に対する投資、購入、売却などが可能になるプラットフォームの提供。
  • 発行された「ライズトークン(XRT)」を保有しているとプラットフォームにアクセス可能
  • 集めた資金の70%を不動産投資に回す。
  • 不動産投資の一部を「ライズトークン(XRT)」ホルダーに分配

以上のようなトークンになります。

 

 

では、この「ライズトークン(XRT)」のどこに仮想通貨詐欺の危険性があるのでしょうか?

危険な紹介者たち

「ライズトークン(XRT)」が採用しているマーケティング方法の一つに、MLMというものが含まれます。

 

 

既に商品を購入している人間が新たに購入者を紹介。その紹介された人間が新たに商品(この場合はライズトークン)を購入することで、最初の紹介者にも紹介料が支払われるという仕組みです。

 

 

このMLMについては仮想通貨業界で盛んに行われており、約9割が詐欺まがいな投資案件であることが過去の捜査により判明しています。

  • ビットクラブ
  • プラストークン
  • AIトレード

 

上記の3つは業界でも有名なMLM案件ですが、どれも非常に危険な投資案件になりますので、見かけた際にはご注意ください。

 

 

そして、今回の「ライズトークン(XRT)」は誰が紹介しているのか。

 

 

管理人が捜査したところ、3人の男性が深く関与していることが発覚します。

 

 

危険人物①:湯田陽太

 

2018年初頭より「ライズトークン(XRT)」のセミナーを頻繁に開催している人物。

 

 

何やら「ジョーカー(JOKER)」なる投資集団を名乗り活動していたようですが、現在は名乗らなくなったとのこと。

 

 

管理人が捜査したところ、仮想通貨以外にもネットビジネス系の情報商材や投資詐欺「D9クラブ」にも関与していたことが判明しています。

 

 

仮想通貨には全く精通しておらず、ただMLMの紹介報酬目当てで勧誘を行っているのでしょう。

 

 

その証拠に、SNSでは「湯田陽太」率いる「ジョーカー(JOKER)」に騙されたという被害者が多く確認できました。

 

 

数年に渡り仮想通貨を利用した詐欺性の高い投資案件ばかりを選び、勧誘を行っているという事。

 

 

非常に危険な人物になりますので、くれぐれも「湯田陽太」にはご注意ください。

 

危険人物②:井上聡人

 

LINE@等のSENを通して「ライズトークン(XRT)」の勧誘を行う人物。

 

 

元プロバスケットボール選手のようですが、現在は引退してネオニートをしていると彼のTwitterにはプロフィールが記載されていました。

 

 

基本的に、自らネオニートなどと名乗る人間は9割ウソだと思ったほうが良いでしょう。

 

 

危険人物③:小山大輔

夢リッチ株式会社 代表。この「小山大輔」についても、過去にアフィリエイトで稼ぐ方法を教えるという情報商材を販売していました。

 

 

「稼ぐ手法を教える」といった情報商材ばかりを販売していた“ただの商材屋”が、仮想通貨に目を付けてMLM案件ばかりを紹介しているのでしょう。

 

 

トークンがただのゴミ

発行される「ライズトークン(XRT)」について捜査すると、「イーサリアム(ETH)」ベースのトークンであることが分かります。

 

 

イーサリアムベースのトークンであれば、イーサスキャンというwebサイトにてその存在を確かめることができます。

 

 

早速、管理人が確認したところ、ライズトークンのシンボルである「XRT」は、別のトークンが取得していることが判明。

 

 

そして、「ライズトークン(XRT)」なる仮想通貨については見つかりもしない状況に…。本当に「ライズトークン(XRT)」なるものは存在するのでしょうか?

 

 

現時点ではトークンの存在すら確認できないゴミ以下の投資案件であると言わざるを得ないでしょう。

 

 

運営会社はペーパーカンパニーか?

更に「ライズトークン(XRT)」の公式サイト内を捜査すると、HPの最下部にプロジェクトの運営元と思われる企業名を発見。

 

 

この「CORWEN SOLUTIONS LTD」について捜査を進めると、ジブラタルという場所に所在地を置く企業であることが判明。

 

 

イギリス領の国になるのですが、ここはパナマ文書でも問題となったタックスヘイブン(租税回避地)として有名な場所。

 

 

恐らくはこの国に運営実態はなく、あくまでペーパーカンパニーとして表記しているに過ぎないのではないかと思われます。

 

 

そして、今回の「ライズトークン(XRT)」プロジェクトの目玉であるハワイへの不動産投資を行う企業についても捜査を開始。

 

 

公式サイト空は企業名を見つけることができませんでしたが、ヤフー知恵袋や某ブログサイト等には不動産事業を展開するとして「 Rev Capital Fund LTD(レブキャピタルファンド)」なる企業名が確認できました。

 

 

「レブキャピタルファンド」についても捜査を進めると、コチラも同様にタックスヘイブンであるバハマを所在地としていることが判明します。

 

 

この証拠だけでは断定できませんが、関連企業窓もがこのような場所にあるのですから、怪しまずにはいられませんよ。

 

 

結局のところ、誰が何処で運営しているのかも分からないという結果に。

 

 

トークンの存在すら確認ができない「ライズトークン(XRT)」でしたが、当サイトでは8割スキャムだろうと判断しています。

 

 

もし、本気で仮想通貨を使って稼ぎたいのであれば、直近で「レイヴンコイン(RVN)」で6.3倍、「アーク(ARK)」で2.3倍という価格予想を的中させた情報サイト「KKC(国際仮想通貨センター)」の利用をオススメします。

 

 

管理人自身も1800万円ほどの利益を出している優良情報サイトになります。無料の情報配信なども行っていますので、ご興味のある方は覗いてみるといいでしょう。

 

 

# 「KKC(国際仮想通貨センター)」の捜査レポはコチラからどうぞ▶▶

 

 

「ライズトークン(XRT)」のまとめ

  • マルチ商法で販売されている
  • 販売者の評判が悪すぎる
  • トークンが存在しない
  • 運営元の実体が不明

 

 

人気記事一覧

ライズトークンの口コミ

  • 投稿者名:匿名2019年7月13日

    レボレットの内部流出情報が晒される予定。

    安在慶克と伊藤友一 が企てる事業全容を知りたい方は、テレビ 新聞の報道をお待ちください。
    ネットワークや投資家の皆様は、早期回収を。

  • 投稿者名:匿名2019年7月13日

    REVOLLETの REV CAPITAL FUND グループ代表の安在慶克と、役員の伊藤友一によるハワイ不動産ファンド、ゴールドマイニングファンド、XGTのブリスバンクの極秘内部資料がSNSで間も無く拡散されるとの情報。

    以前のAsianPayから始まり、今彼らの運営するMLMプロジェクトによって集金した仮想通貨のキャッシュフロー、バランスシート、投資資金の支払い先など、精度100%のガチ流出情報だそうです。 この資料は〇〇新聞の記者に渡る前の資料のようです。 投資されている方にとってはとても気になりますね。

  • 投稿者名:匿名2019年7月2日

    Rev Capital Fund、Financial.org、ライズトークン、ジョーカー、これらの名前が出た瞬間に詐欺だと思って身を引いた方がいいですね。

  • 投稿者名:匿名2019年6月24日

    Twitterでライズトークンの勧誘をDMで受けたけど、ライズトークンはICOも上場もしないって言ってたよ 

  • 投稿者名:匿名2019年6月13日

    彼らのインスタの投稿やストーリーはすごいですね。北○、飯○、○朝、長○川などを見ていますが
    新聞やニュースは嘘をついているから騙されるな! 日本人の95%が知らない事実とか。
    最近では老後に2000万円必要というニュースが出てから北○のインスタのストーリーがひどいです。

  • 投稿者名:匿名2019年6月13日

    最近、地方でも広まってきています。友達が一人入ってしまいました。彼らはニュースやネットの情報は嘘だと言いつつ自分たちのセミナーで知ったことは全て鵜呑みにしています。先日、東京で大きなセミナーがあったようですが、ほぼ地方会員が来ただけなのに、1000人規模という事をものすごくプッシュしていましたが、それくらいしか彼らに自慢できることはないようです。セミナーでは2020年10月20日に世界恐慌が始まると断言したらしく、みんな信じているみたいです。
     彼らはお金に流れやすい学生や若手の社会人をターゲットとしています。年金がもらえないから資産運用しないといけないから、銀行よりも利回りのよい仮想通貨で運用しましょうと言っています。しかし、彼らの話は、日常手に気ニュースや新聞を読んでいれば当たり前のような内容なうえに、資産運用といいつつ、お金を稼ぎ、きらきらした生活をしたいだけです。そもそも、資産運用が何なのかもわかっていないと思います。投機・投資の事も内容ペラペラです。将来のための貯蓄を建前に言っているのに、豪遊していることを載せてる時点で意味が分かりません。
    しかも、彼らの物事の軸は金額で、お金の為にやっているだけです。
    今度はオーストラリアのゴールド事業をするみたいですが。スキャムになのも会員はわかっていないとおもいます。そもそも、仮想通貨としてライズトークンが成り立っていないことも知りません。
    自分で勝手にやってくれれば構わないのですが、彼らはいいことだから周りの大切な人たちを守るために、大切な人に広めたいと言っています。早く大本が捕まってくれればいいのですが。これ以上、若者の犠牲が出ないことを祈ります。

  • 投稿者名:匿名2019年6月9日

    ライズトークンのサイトが落ちて以降、ライズトークン運営と湯田陽太との連絡がまったくつかないという噂。レプキャピタルとはライズトークン経由でないと連絡がつかないので八方塞がり。 日時:2019/06/07

  • 投稿者名:匿名2019年6月7日

    公式潰れてます。完全にスキャムでした。ライズトークンジャパンとかいうページはまだありますが、コンテンツが何もありません。調査お願いしたいです。

  • 投稿者名:匿名2019年6月7日

    全く投資なんてしたことなくて友人に誘われて3月にセミナー参加しました。全く経験がなくても、明らかに怪しいと思いました。気づかないのは逆におかしいと思います。
    自慢話し、やらないと損する、借金するのは怖くないすぐ返せる、人を煽るような感じで、最後のオーって掛け声で部活かよって思いました。そんな話ばっかして2時間くらい話し聞いても結局何に投資すんの?って言う一番重要なことが全く理解できてないまま終わった。。
    最後に喫茶店に集合して飯田進之介って言う人から話しを聞いてプラミット構造の図が出てきて、なんとか会員になれば旅行車がもらえるなどの、大企業に投資してももらえなさそうなものばっかり。。。嘘くさい
    説明の途中でこれねずみ講じゃないですか?って聞いたら逆ギレされて、これはマルチ商法の一点張り。
    その後の説明の態度一変してクソ適当で、ハイ終わり、終電だからみんな帰りましょうって逃げようとする。
    こんなものに友達が投資してるってかわいそうと思って友達にも注意しましたが、当の本人はやりたくなかったらやらなくていい、嫉妬とか言い出ししました。以前その子を何度も助けたことはありましたがそんな返しされると思いませんでした。洗脳としかいいようがないです。
    こそっと本人から聞いた話だと先月いくらもらったから聞きました。17万稼いだそうです(紹介料、事実なのかもわかりません)
    だけどビットコインで支払われるので、って言うのでビットコインを売ってる?ってことはになるんですかね(よくわからないですが、稼いでるって言ってる意味がわからなくて)
    嫉妬でもなんでもないです、ほかの友達も巻き込まれる前に(大半やってるけど)消えて欲しいです

  • 投稿者名:匿名2019年6月3日

    ライズトークンは上場しないって湯田が言ってるけど、だったらライズトークン買っても儲からないだろ。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

^