ライズトークンなんて仮想通貨が存在しないと話題に

通貨名 ライズトークン
通貨コード XRT
発行元 CORWEN SOLUTIONS LTD
総発行枚数 500,000,000 XRT
BCプラットフォーム Ethereum
公式サイト https://rise-token.com

ライズトークンは詐欺なのか?実態を捜査。

2019年初のICO捜査になります。捜査対象は当サイトの読者様より多くのお問い合わせを頂いているライズトークン。

 

 

どのような仮想通貨なのかを簡単にご説明させていただくと、

  • 世界中の不動産に対する投資、購入、売却などが可能になるプラットフォームの提供。
  • 発行された「ライズトークン(XRT)」を保有しているとプラットフォームにアクセス可能
  • 集めた資金の70%を不動産投資に回す。
  • 不動産投資の一部を「ライズトークン(XRT)」ホルダーに分配

以上のようなトークンになります。

 

 

では、この「ライズトークン(XRT)」のどこに仮想通貨詐欺の危険性があるのでしょうか?

危険な紹介者たち

「ライズトークン(XRT)」が採用しているマーケティング方法の一つに、MLMというものが含まれます。

 

 

既に商品を購入している人間が新たに購入者を紹介。その紹介された人間が新たに商品(この場合はライズトークン)を購入することで、最初の紹介者にも紹介料が支払われるという仕組みです。

 

 

このMLMについては仮想通貨業界で盛んに行われており、約9割が詐欺まがいな投資案件であることが過去の捜査により判明しています。

  • ビットクラブ
  • プラストークン
  • AIトレード

 

上記の3つは業界でも有名なMLM案件ですが、どれも非常に危険な投資案件になりますので、見かけた際にはご注意ください。

 

 

そして、今回の「ライズトークン(XRT)」は誰が紹介しているのか。

 

 

管理人が捜査したところ、3人の男性が深く関与していることが発覚します。

 

 

危険人物①:湯田陽太

 

2018年初頭より「ライズトークン(XRT)」のセミナーを頻繁に開催している人物。

 

 

何やら「ジョーカー(JOKER)」なる投資集団を名乗り活動していたようですが、現在は名乗らなくなったとのこと。

 

 

管理人が捜査したところ、仮想通貨以外にもネットビジネス系の情報商材や投資詐欺「D9クラブ」にも関与していたことが判明しています。

 

 

仮想通貨には全く精通しておらず、ただMLMの紹介報酬目当てで勧誘を行っているのでしょう。

 

 

その証拠に、SNSでは「湯田陽太」率いる「ジョーカー(JOKER)」に騙されたという被害者が多く確認できました。

 

 

数年に渡り仮想通貨を利用した詐欺性の高い投資案件ばかりを選び、勧誘を行っているという事。

 

 

非常に危険な人物になりますので、くれぐれも「湯田陽太」にはご注意ください。

 

危険人物②:井上聡人

 

LINE@等のSENを通して「ライズトークン(XRT)」の勧誘を行う人物。

 

 

元プロバスケットボール選手のようですが、現在は引退してネオニートをしていると彼のTwitterにはプロフィールが記載されていました。

 

 

基本的に、自らネオニートなどと名乗る人間は9割ウソだと思ったほうが良いでしょう。

 

 

危険人物③:小山大輔

夢リッチ株式会社 代表。この「小山大輔」についても、過去にアフィリエイトで稼ぐ方法を教えるという情報商材を販売していました。

 

 

「稼ぐ手法を教える」といった情報商材ばかりを販売していた“ただの商材屋”が、仮想通貨に目を付けてMLM案件ばかりを紹介しているのでしょう。

 

 

トークンがただのゴミ

発行される「ライズトークン(XRT)」について捜査すると、「イーサリアム(ETH)」ベースのトークンであることが分かります。

 

 

イーサリアムベースのトークンであれば、イーサスキャンというwebサイトにてその存在を確かめることができます。

 

 

早速、管理人が確認したところ、ライズトークンのシンボルである「XRT」は、別のトークンが取得していることが判明。

 

 

そして、「ライズトークン(XRT)」なる仮想通貨については見つかりもしない状況に…。本当に「ライズトークン(XRT)」なるものは存在するのでしょうか?

 

 

現時点ではトークンの存在すら確認できないゴミ以下の投資案件であると言わざるを得ないでしょう。

 

 

運営会社はペーパーカンパニーか?

更に「ライズトークン(XRT)」の公式サイト内を捜査すると、HPの最下部にプロジェクトの運営元と思われる企業名を発見。

 

 

この「CORWEN SOLUTIONS LTD」について捜査を進めると、ジブラタルという場所に所在地を置く企業であることが判明。

 

 

イギリス領の国になるのですが、ここはパナマ文書でも問題となったタックスヘイブン(租税回避地)として有名な場所。

 

 

恐らくはこの国に運営実態はなく、あくまでペーパーカンパニーとして表記しているに過ぎないのではないかと思われます。

 

 

そして、今回の「ライズトークン(XRT)」プロジェクトの目玉であるハワイへの不動産投資を行う企業についても捜査を開始。

 

 

公式サイト空は企業名を見つけることができませんでしたが、ヤフー知恵袋や某ブログサイト等には不動産事業を展開するとして「 Rev Capital Fund LTD(レブキャピタルファンド)」なる企業名が確認できました。

 

 

「レブキャピタルファンド」についても捜査を進めると、コチラも同様にタックスヘイブンであるバハマを所在地としていることが判明します。

 

 

この証拠だけでは断定できませんが、関連企業窓もがこのような場所にあるのですから、怪しまずにはいられませんよ。

 

 

結局のところ、誰が何処で運営しているのかも分からないという結果に。

 

 

本気で仮想通貨で稼ぎたいのであれば、無駄なリスクが多いMLMへの投資ではなく、直近で「バイナンスコイン(BNB)」で2.1倍、「アレグロ(DLT)」で4.6倍という価格予想を的中させた情報サイト「コインリーディングカンパニー」の利用をオススメします。

 

 

トークンの存在すら確認ができない「ライズトークン(XRT)」でしたが、当サイトでは8割スキャムだろうと判断しています。

 

「ライズトークン(XRT)」のまとめ

  • マルチ商法で販売されている
  • 販売者の評判が悪すぎる
  • トークンが存在しない
  • 運営元の実体が不明

 

 

人気記事一覧

ライズトークンの口コミ

  • 投稿者名:セミナー参加者2019年4月6日

    セミナーに参加してきたけどマジでヤバい、、
    20代前半の人しかいなくて、投資セミナーとしては異様な雰囲気。
    それとなく初参加者を炙り出し、最後に集めてマルチ商法へのしつこい勧誘が始まる。
    夢物語を語るのは上手だが、そこに根拠は一切存在しない。
    スーツなどを着飾ってはいるが所詮上部だけの身繕いでしかない。
    若い世代がターゲットにされていることが本当に可哀想。
    救いたくても既に洗脳されていてなかなか難しいのが現状。
    迂闊に近づかない方が良い。

  • 投稿者名:母2019年4月6日

    今、現在息子この投資詐欺に引っかかってしまいそうで…
    2人誰か紹介したら、海外留学させてくれると上手い話しにのってて。親の言うことを聞かず、井上聡人の話しを信用してて…
    どうしたらいいか…良きアドバイス、洗脳を解く方法を教えてください!

  • 投稿者名:匿名2019年4月4日

    マルチ商法で推奨してくるやつらは自分の利益を考えてるだけで、相手を儲けさせるためじゃないんです。
    ライズトークンはまさにその典型と言っても過言ではないでしょう。
    本当に儲けたいならやはりそれなりに対価を払わないと駄目なんですよね。
    ポリスさんの取り上げている情報サイトを使ってみてそのことをしみじみと実感しました。
    ライズトークンでは儲かる気配ゼロですが、助言ありの投資で月数百万円以上の利益は堅く稼ぐことができています。ありがたい話です。

  • 投稿者名:マルチ君2019年3月16日

    TwitterにDMでマルチの勧誘が来るよライズトークン。
    ・$5万 未満での運用だと 6%の報酬。
    ・$5万〜$10万 での運用だと 8%の報酬。
    ・$10万 以上での運用だと 10%の報酬。
    さらに投資した子が孫を紹介するとマルチ報酬が入るらしい。

  • 投稿者名:匿名(学生)セミナー連れて行かれた人。2019年3月12日

    安西慶克の会社に友人が引っかかって、学生で130万ローンを組んだとのこと。元出はどことか、連鎖販売の許可書書面を見せてくれと言っても適当に流されて何を言っても聞く耳持ってくれない。本当こういうのって友達なくすって聞いてたけど、昔からの付き合いがある同性の友達がそうなっていくのを見ていてきついし、これ以上被害が増えないようになってほしい。

  • 投稿者名:匿名2019年3月8日

    ライズトークンには安在慶克という人間も関わっているみたいですが、調べれば調べる程胡散臭い人物ですね。
    それからアジアンペイというのも同様、こちらも胡散臭い。
    ライズトークンに投資して幸せになれることはなさそうですよ。

  • 投稿者名:匿名2019年3月7日

    フォインってなんのこっちゃと思ったらFinancial.orgの事ですか。なら、ライズトークンも同じように駄目でしょうね。しかしよくも飽きずにあれやこれや新しい詐欺商材を出してきますね。

  • 投稿者名:Foin被害者2019年3月6日

    湯田陽太=ジョーカー=Foinを売ってた=Foinは国際的に詐欺認定。
    いくら仮想通貨の名前や形やホワイトペーパーを変えたって運営者が変わらないなら詐欺なんだよ。
    Foinで散々な目にあったからな。
    新しいライズトークンってやつの邪魔をするぜ俺は。

  • 投稿者名:匿名2019年3月6日

    今のところ詐欺にはならないらしい。
    警察にも通報したが、海外投資の為、警察は動けないと…また、個人的な投資の為、紹介者が居なくても投資できるので、個人の判断で投資した事になるらしい。
    しかし、よくよく話を聞くと、紹介者無しでライズトークンに換算できないこと、また、ライズトークンからビットコイン、そして米ドルから円に換金できない事。どこが個人投資なんでしょう?しかも、不動産投資は2016年の情報が最新で、それ以降は開示も無し。ライズトークンはビットコインに変えないと換金もできない仕様。どこが投資なのか?また、ビットコインに変えないと換金できないなら、最初からビットコインに投資すればいいだけ。何を回りくどく、ライズトークンに変えるのか不明。また、解約請求は、1年経過すれば全額返還されると謳ってるが、運営サイドにはメールでしか問い合わせできず、返信は無しのつぶて。返すつもりが無いとしか言えない。投資にウブな若年層を狙ったネズミ講でしか無い。

  • 投稿者名:匿名2019年3月5日

    ホワイトペーパーもなければ契約書も無いのに不動産投資?
    利率の計算に関しても何も根拠が無さすぎる。
    それなのにやたらを勧めてくる、マルチの手数料目的の勧誘。
    全ての要素が怪しすぎる。

口コミ投稿フォーム

名前
コメント

^